古川製材株式会社

TEL

平屋しかできない
【大空間】で、
家族とゆっくり暮らす。

「邸宅と呼べるような平屋」で
暮らすということ。

平屋は元々、部屋と部屋との関係性を追求して、
自分たちらしく暮らせる住まい。

それに加え、敷地を最大限に利用し、
「外にある空間を内に取り込む」ことで、
平屋は、邸宅と呼べるような広がりのある、
贅沢な住まいに生まれ変わります。

その「広がり」を活用して、
ワンランク上の暮らしが実現できるのも
【平屋】の魅力。

段差がないという贅沢。

その「暮らしやすさ」は
住まうほどに深まっていきます。

やっぱり平屋は住みやすい…。

世代を問わずにそう感じられるお客様が多い理由は、
毎日繰り返される家事や生活の行動に
上下階の移動がない「平屋」ならではの
優しい暮らし心地にあります。

段差がないという贅沢。

掃除機を持って階段を上り下りしたり、
洗濯カゴを抱えて2階のバルコニーへ上がったり、
1階のリビングダイニングと
2階の居室を何往復もするという動線が、
すべてワンフロアの横移動だけで可能となります。

長い年月を過ごす邸宅だからこそ、
その快適さは身体への負担軽減、
ストレスの低減にもつながります。

自然の力を利用した「涼・暖」。

ゆっくりと日本の四季に
育まれてきた「平屋」に、
最新の技術で磨きをかけます。

日本の伝統家屋【平屋】には、
特有の軒の出で室内に射し込む
"陽射し"をコントロールしたり、
家の中を心地よく風が渡る
"通り道"をつくるなど、
『一年中快適に過ごす』ための
さまざまな知恵と工夫が活かされてきました。

自然の力を利用した「涼・暖」。

季節に応じて自然の光と風を
効率的に招き入れる【平屋】の特長は、
四季の移ろいがはっきりとした日本の気候と
共生するノウハウとして、
永年継承されてきたものです。

自然の力を利用して「涼」や「暖」をとる。

まさに、エコの時代の今だからこそ、
大切にしなければならない
先人の知恵ではないでしょうか。

【快適】の最終形。

どこにいても暖かく
新鮮な空気に満たされた
家族に優しい住空間。

住まいを高気密・高断熱化すると、
小さなエネルギーの暖房器具でも
家全体を一つの空間として、
『均一』に暖めることができるようになります。

2階のない【平屋】では、その効果が一層高まり、
家の中の温度差が少ない
快適な暮らし心地が実現できます。

【快適】の最終形。

例えば、暖かなリビングから
洗面・脱衣室や寝室に移動する度に
『ヒヤッ』とする…。

毎日のように急激な温度差にさらされる
このような住環境では、
ご高齢の方ほど、
血圧変動が原因の脳出血や脳梗塞、
心筋梗塞などの危険性も高くなってしまいます。

また、高気密化された住まいでは、
きれいな空気環境を作り出すことも
『不可欠』になります。