風の宿り

H+

TEL

あたらしい暮らし方の提案ができる空間が誕生

風の宿りあたらしい暮らし方の提案ができる空間を創造

非日常の空間で自然とともにある空間体験を

エントランスから見えないように3棟の建物が傾斜に沿って建てられています。
山からの風が海へと流れ、橘湾・有明海からの海風が昇るちょうど真ん中の場所は、風が宿るひと休みの場所。
ここでは、木の葉が揺れる音を愉しみ、鳥の声を間近で聴き、内と外を意識させないキッチンラウンジや
中庭でひとときを楽しめる空間づくりが工夫されています。
そのため敷地内には、いくつもの暮らしのシーンを演出しています。
建物をつなぐ庭を通らないと目的の場所には行けなくなっています。
そのことが、生活の中で忘れていた、物音や空気の音、花の香、月の明かりを気づかせてくれるのです。
非日常であるからこそ、自然の気配を体感できる空間なのです。

風の宿り
エントランス棟

暮らしの中で息づいた家との関わり方

エントランス棟

迎え入れてくれる玄関の格子は、大きなゲートの役割をしてくれています。
開けた瞬間に見渡す庭と、遠くに見える山並みが、屋根の稜線にリンクして美しい平屋を感じさせてくれています。
建物全体が墨の色を基調として配色されています。で構成され配色されています。
黒い外観とガラスやタイルが、自然の緑や紅葉を美しく魅せる脇役となるように構成されています。
そんな中に素肌のように気持ち良い漆喰が、私たちを気持ちよく呼吸できるように優しく包み込んでくれています。
漆喰の調湿は梅雨の雨景を室内で楽しむことのできる日本の伝統素材なのです。
古くから使われてきた本物の素材は、永らく暮らしの中で息づいた先人の知恵から継承されています。
そこに美しいデザインを加え、空間のあり方を提案しています。

  • イメージ

    迎え入れてくれる格子

  • イメージ

    エントランス棟から観る中庭

暮らしのシーン美しいかたち

宿泊棟

土間で構成された建て物は、かつての日本の暮らしを今に活かし、溜まりの場としての役割をしてくれています。
四季折々で楽しめるように、いつでも小さく花が咲いている可愛らしい庭づくりがなされています。
露天風呂を楽しみながら、空から入る陽の光を時間とともに楽しむよう計算された壁が配置されています。

  • イメージ

    宿泊棟デッキ

  • イメージ

    宿泊棟から見るキッチン棟・エントランス棟

LIFE STYLE HOTEL 風の宿り

体験ご宿泊ガイド

諫早市森山にある「風の宿り」は、約350坪もの敷地に建てられた宿となっています。
隣接する「風の森」の中では、森林浴のほか、眺めの良いデッキ・カフェや雑貨店が8店舗ほどあり、散策をお楽しみいただけます。
「風の宿り」は限定1組貸切りタイプの宿泊となります。
3棟の建物が利用でき、庭や建物の中を自由にご利用いただけます。庭ではBBQを楽しんだり、ハンモックでゆったりとした時間を楽しむことができ、鳥の鳴き声を聴いたり、夜は星空を眺めながら、非日常の広々とした自然空間を体感することができます。
お食事は持ち込み以外に、オーダーシェフ(有料:要予約)やBBQセット(有料:食材込み)もご用意できます。どちらも地元産オーガニックの野菜や地元産の食材をふんだんに使用しております。
自然と一体となった空間を楽しむ「暮らし方の提案」をご体感ください。